アーリオ オーリオ

La foresta di comics

社畜と少女の1800日 1

img019_201710162038548b1.jpg
板場広志先生


どうか・・・私をここに・・・置いてください


「社畜と少女の1800日」第一巻


いわゆる社畜と呼ばれる過酷な職業の主人公・東根将彦。
帰って寝るだけの部屋に突然押しかけてきた制服の女子中学生・優里。
彼女は将彦の古い友人の娘でした。

さすがに男一人の家に泊めるわけにはいかないと言い聞かせたのですが。
親に捨てられた優里は行くあてもなく。
なんでもするから住ませてくださいと涙ながらに懇願するのでした。


ということで。
女子中学生との危険な同棲生活物語。
普通に通報されそうで危険極まりない!
なお、主人公はオッサンでロリには興味ない模様です。


将彦は可愛そうな少女に優しく接し。
優里は本当の父親のように彼によく懐き。
実の父子のような幸せな生活が始まりました。

しかし悲しいかな、将彦は「社畜」

土日出勤、徹夜残業はあたりまえ。
何日も会社へ泊り込みでの過酷な労働に精根ともに尽きかけていました。
久しぶりに帰った我が家には。
将彦の帰りを待ちわびていた優里が居たのですが。
お帰りなさいと言う彼女に、つい怒鳴ってしまった将彦なのでした。


現代日本の「闇」部分を現したような作品です。
主人公は自分のわずかな幸せをキープするのが精一杯で。
働けど働けど、心はすさんでいくばかり。

だからこその、ケナゲな少女、優里の純粋無垢なる姿が眩しい。

生活費以外の小遣いは決して受け取らない優里は。
毎朝、新聞配達をしたりして。
主人公に頼りきらずに、自分で何とかしようと頑張る中学生。
早く一人前の大人になりたいという彼女の台詞が深く突き刺さります。

同じ労働でも、ここまで顕著な「光」と「闇」の対比が描かれるのかと。
2人が幸せになれるハッピーエンドは。
この現代日本では夢物語なのでしょうか。

  1. 2017/10/16(月) 21:57:17|
  2. 漫画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

姫じゃなければ殴ってる 2

img018_20171014235309361.jpg
長岡太一先生


めちゃくちゃクズですね


「姫じゃなければ殴ってる」第二巻


光の姫・ミキがスーパープリンセスになるために。
各地の教会で洗礼を受ける旅に出まして。
火や水、闇の姫たちと出逢い。
祭に便乗して洗礼という名の姫たちの戦いの火蓋が切って落とされたのでした。


ということで。
光の姫という大義名分において威張り散らすも。
実は超ビビリなワガママ姫の旅物語、完結巻。
大きな音を立てられただけでビクつき。
泣きながら小便ちびっちゃうなんて彼女には茶飯事です。

意味不明なクイズやらブルマ脱がせ対決などを経て。
見事?スーパープリンセスの座を射止めたミキ姫。

封印された魔王の前で儀式を行う際。
突然「魔王の土下座を見てみたい」と言い出した彼女は。
魔王の封印を解いてしまうのでした。


後半の駆け足展開で「終わらせなきゃ感」丸出しでしたが。
もう強引すぎて呆れるを通り越して大笑いさせていただきました。
キャラクター性も素晴らしく。
こんな卑屈なクズ姫、マンガ界でもなかなかお目にかかれない逸材ですよ。

魔王に身体を乗っ取られても。
元がクソすぎていつも通りだし。
突っ込み役仲間の魔法使いの貧乳ネタをどこまで引っ張るんだよ、と。
トロッコで洗礼ゲームとか常人の発想ではありません。

  1. 2017/10/15(日) 00:43:02|
  2. 漫画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

その者。のちに・・・ 1

img017_20171014045829b3f.jpg
ナハァト先生・三弥カズトモ先生・彩乃浦助先生


俺より強い奴を探しにかな


「その者。のちに・・・」第一巻


普通の村人であった主人公・ワズ。
将来を誓い合った幼馴染の女の子は優秀なる神官だったため。
勇者と共に旅立ち。
村に帰ってきた頃にはその勇者と良い仲になっておりました。

ワズはショックのあまり村を飛び出し。
生きるでもなく死ぬわけでもない、浮浪生活が始まるのでした。


ということで。
勇者に恋人を取られてしまった、ちょっと可愛そうな村人の物語。
でも、そこから始まるオレツエー伝説。
異世界転生ではないのですが安定のパターンで安心です。


自暴自棄になりながらも。
死ぬ勇気の無いワズは草や泥水をすすって生き延びます。
あまりに悲惨な人生なので。
特殊スキル「女神の同情」なる加護もついて。
いつしか最強の身体を手に入れていたワズなのでした。


貧弱な村の青年が立派になってまあ。
地道な努力を続けていれば天は救いたもうというヤツですね。
旅の途中、ドラゴンと仲良くなったり。
エルフの村で助けたサローナという美少女とも恋仲になったり。

うらやましい・・・いやいや。
あきらめなければ人生上り調子になるんだよという教訓が見てとれますね。
世の中そんなに甘くないのですが。
人生の主人公は自分、やってやれないことはないですね。

  1. 2017/10/14(土) 05:27:03|
  2. 漫画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

198Xメモリーズ 1

img016_20171013100258596.jpg
井上和郎先生


後半怒涛の、過激プレイ!!


「198Xメモリーズ」第一巻


時は1987年。
まだスマホもネットも普及していない時代。
少年たちはエロに飢えていた!
親にばれないよう深夜のお色気番組をコソコソと観たりして。
そしてゲーセンに待望の脱衣麻雀ゲームが入荷したのでした。


ということで。
ゲームもマンガもテレビも飽きられ。
今はもう娯楽が飽和状態にある時代ですが。
30年前ともなるとまだ手探りで楽しみを探していた時代。
そんな少年時代を過ごした主人公たちの熱いリビドーほとばしる作品です。
まあ、オッサンホイホイ。


今日こそ女の子を全裸にしてやるぜ、と。
ゲーセンの脱衣麻雀ゲームへ向った主人公たち。
しかし当時のゲーセンには他の学校の不良たちが、たむろしていたのです。
だが彼らの欲望はその程度では抑えられないのでした。

ウルトラリアル麻雀p2。
セタさんのヒット作・スーパーリアル麻雀p2の「論よりショウコ」ちゃんですね。
ドット絵が当たり前の時代に、あのアニメーションは衝撃でした。
開始10秒で役満上がられたりと鬼畜難易度でしたが。
あのショウコの笑顔に惚れられずにはいられませんでした。
対局中、タバコふかしますけど。

深夜の11pmなどのお色気番組。
エロアニメの金字塔「くりいむれもん」
路地裏でのビニ本探しなどなど。
あの時代を通過した青少年には懐かしい想い出がいっぱい。
娯楽は少なかったけど楽しい時代でありました。

今は何でも難なく手に入る便利な時代になってしまいましたが。
無意味なことにも必死になり。
がむしゃらに生きてきた時代を振り返ることが出来る作品ですね。

  1. 2017/10/13(金) 10:35:13|
  2. 漫画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

うちの姉ちゃんときたら! 1

img015_20171011232540a04.jpg
みどりわたる先生


持たざる者の発言出ました~


「うちの姉ちゃんときたら」第一巻


高校に入学したばかりの主人公たち
「賢人」「明」「奏太」には一年上の姉が居まして。
世話を焼いたり焼かれたり。
彼らは幼少の頃から姉に振り回されっぱなしの人生を歩んできました。

互いにタイプの違う「迷惑姉ちゃん」だったので。
おまえんちの姉ちゃんが羨ましいよとグチりあう毎日なのでした。


ということで。
少々厄介な姉たちを持つ男子高校生たちの憂鬱。
気が利いて優しくて美人のお姉ちゃんなんて所詮妄想だと全否定する彼ら。
二次元なんだから夢ぐらい見させて!


賢人は姉に奴隷のようにこき使われる毎日。
明は姉の面倒みないと怒られる毎日。
奏太は姉から過保護にされすぎてヤバイ毎日。

弟という立場から姉には絶対逆らえず。
学校でも家に帰っても気の休まらない日常に嫌気が差していたのですが。
明の姉「茜」が。
脱・お子様の特訓をするために弟の友人である「賢人」とデートすることに。
小さい姉というか妹に憧れていた賢人と茜は次第に良い雰囲気になるのでした。


きょうだいに振り回される学園ラブコメは定番でありますが。
近親者には嫌悪を抱くリアルな設定ながら。
美人系、可愛い系、癒し系とタイプの違う姉が出てくる贅沢な作品。

近すぎる宝は見えないもので。
学校で声をかけてきたり、家では寝起きを起したりと。
傍観者である読者にとっては姉とのスキンシップはなによりのご褒美ですよ。
めっちゃうらやましい。

とはいえ、友人の姉と仲良くなるという現実的なストーリーもまた好感が持て。
結構モテモテな賢人くんと、その姉はどうなるのか楽しみです。

  1. 2017/10/12(木) 00:19:43|
  2. 漫画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

プロフィール

マウサー

Author:マウサー
私のお気に入りマンガを
紹介させていただきます

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

ツイッター

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード