FC2ブログ

86 エイティシックス 1

 2018-10-11
安里アサト先生・吉原基貴先生
安里アサト先生・吉原基貴先生


そりゃあよかった 逝けたのかあいつは


「86」第一巻


ここ、サンマグノリア国は隣国から無人機による攻撃を受けていました。
本国でも無人機を開発し。
死者の出ない「平和的な」戦争が行われているはずだったのも表向き。

じつは無人機は開発されておらず。
差別を受けていた有色人種たちが戦闘に駆り出され、死んでいるのが現実なのです。

彼らのコマンダーとして安全地帯から指示を飛ばす白色人種。
そんな彼らの連携など上手く行くはずもないのでした。


ということで。
人種問題を題材としたミニタリーアクション戦記です。
うちの熱帯魚でも一匹だけ色の違うのが居て。
彼はいつも攻撃されているのを見ると、この問題の奥深さを痛感しますね。


今回、最前線の指揮をとるのは、まだ若き少女・レーナ。
最前線で戦うスピアヘッド隊とは面識も無い彼女は始め無視されますが。
隊長・シンとレーナの正確な情報により戦闘に勝利することが出来たのです。


脚の付いた小型戦車による臨場感ある戦闘シーン。
ガンダムでいうところの「ボール」みたいな頼りない戦闘機で。
常に死と隣り合わせの緊張感がハンパないですね。
激戦を掻い潜る戦闘員には例によって美少女たちも参加し。
暑苦しいだけではなく、ヒロイン・レーナも含め目の保養にもなっております。

関連記事
スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://ariori.blog64.fc2.com/tb.php/4527-75a2da46
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫