FC2ブログ

繭、纏う 1

 2018-09-18
原百合子先生
原百合子先生


この制服 息したなあって


「繭、纏う」第一巻


中高一貫のお嬢様学校で知られる「星宮女学園」
髪が綺麗で伸ばしている女の子しか通えない、その学校。
それにはその学園特有の風習があるから。

高校三年生になったら、その長い髪を切り。
その髪で制服を仕立て。
そして新入生にプレゼントするという校則があるからなのです。


ということで。
独特の習わしがある、とある女子高での。
ヒロイン達の淡い恋心を描いたラブロマンス作品です。
ワンピースタイプの制服一着作るのに。
どのくらいの長さの髪の毛が必要なんでしょう?


ヒロイン・横澤はいたって普通の生徒でありましたが。
身体検査で、バスの中で。
ちょっと顔見知り程度になった学園の人気王子様的美少女・佐伯さん。

その端正な横顔に思わず惚れそうになる横澤。
しかし佐伯さんは、いつも数多くの取り巻きに囲まれていて。
私なんて相手にされるわけが無いと思っておりましたが。
名前を覚えてくれていた。
それだけで涙がこぼれるほど嬉しい横澤なのでした。


女の子同士の奥ゆかしい正統百合作品でありますね。

つねに凛々しく王子様のスタイルをしている佐伯さんですが。
ヒロイン・横澤の前では心を許し、普通の女学生に戻るのです。
そんな彼女が愛おしくて。
ついキスをしてしまったり。
彼女達の秘密の時間は神秘的な制服と共にあるのです。

関連記事
スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://ariori.blog64.fc2.com/tb.php/4504-39351011
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫