FC2ブログ

かみくじむら 1

 2018-09-16
大見武士先生
大見武士先生


ご奉仕 してくれるよな?


「かみくじむら」第一巻


人が良すぎて人生上手く行かず。
ついには職すら失って、とある田舎へ傷心の旅に来ていた主人公・永瀬。

そんな彼が一人の老人を助けた後、意識を失い。
気が付くと若い女性ばかりがいる、へんぴな村へ連れ込まれていたのです。
助けた老人はその村「かみくじ村」の村長だと言い。
優しい主人公・永瀬に次期村長になって欲しいと言うのでした。


ということで。
人生ハズレ券ばかり引いていた主人公が。
美少女いっぱいの村の村長になる大逆転物語であります。
日本でも大物議員ともなると毎晩美女の接待を受けたりするのでしょうか。


意味もわからず、いきなり村長になってくれと頼まれ。
困惑する主人公・永瀬。
その村には電気もガスも無い原始的な自給自足の生活。
村民は若い女性しか居ないという不思議な環境で。

村の外に興味を持ってはいけない、もちろん村を出てはいけない。
そして、村民は村長を愛し。
村長の子供を授からないと天罰が下るということを信じている異様な閉鎖社会なのでした。


かなりブキミで異常とも言える空間です。
村長を盲信する村民たちは、まるで新興宗教の信者みたいで。
毎晩のように主人公の寝室を訪れる美少女たちの芳しきニオイに。
善人だった主人公も、いつしか肉欲におぼれ。
笑顔もゆがんでいく様は人間のサガというものでしょうか。

結構ハードな性描写もあり。
このまま主人公の醜い「浦島太郎伝説」となってしまうのか、はたまた・・・
和風エロス漂うミステリアスな作品です。

関連記事
スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://ariori.blog64.fc2.com/tb.php/4501-ccd08019
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫