FC2ブログ

行進子犬に恋文を 1

 2018-06-19
玉崎たま先生
玉崎たま先生


おいしいですねえ おいしいですねえ


「行進子犬に恋文を」第一巻


婦女子の軍人を育てる学校
「陸軍女子幼年学校」に入学することになったヒロイン・犬童忍。

道に迷っていると学校の先輩・加賀美藤乃に出逢いますも。
身なりが貧相で綺麗ではなかった忍に、冷たい態度をとられてしまうのです。
なんとか入学式までにサッパリとした忍。
しかし、指導役に選ばれた上級生はあの手厳しい・藤乃だったのです。


ということで。
帝国陸軍士官学校へ入ったヒロインと上級生の物語です。
もちろんフィクションでありますが。
お堅い日本旧軍の日常が再現されていて。
最近では見られない厳しい雰囲気が返って新鮮でありますね。


生活に困らないよう必死で勉強して、ようやく軍学校へ入学できたのに。
指導役の先輩・藤乃が厳しくて挫折しそうになるヒロイン・忍。
しかし、時折優しい表情を見せる藤乃が。
とある日曜日に、二人っきりで飯ごう炊飯をしようと持ちかけてきてドキドキしてしまうのでした。


普通、ショッピングとかキャンプとか、そういう誘い方をするのですが。
飯ごう炊飯とはまた古風というか、時代にマッチしたイベント発生です。
こういうの凄く素敵ですね。
軍服もスカートとか可愛いです。

どうやら先輩・藤乃は今は無きヒロイン・忍の母に憧れていて。
その面影を忍に見出し、気に掛けているようなのです。

軍には稚児という、おそらく「お姉さまと妹」みたいな姉妹システムがあり。
お前は誰にもやらんとばかりに忍にキスをする藤乃。
厳しい軍規の中に在りながらの背徳っぽい関係のインパクトは素晴らしく。
彼女らの、これからがどう変化していくのか楽しみです。

関連記事
スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://ariori.blog64.fc2.com/tb.php/4424-cf694158
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫