FC2ブログ

マグメル深海水族館 2

 2018-06-12
椙下聖海先生
椙下聖海先生


違う・・・ 暗いから光が見えるんだ・・・


「マグメル深海水族館」第二巻


マグメル深海水族館で飼育員助手をすることになった主人公・航太郎。

まず彼の担当は深海魚でも有名な「ちょうちんアンコウ」のエサ係になりました。
他の飼育員からはエサを食べるのに。
なぜか航太郎がエサをやると食べてくれないアンコウなのでした。


ということで。
深海生物ばかりの近未来水族館・マグメルでの。
新米飼育員青年の奮闘記です。
深海魚コラムもあり、深海大好きにはたまらない作品です。


今や深海魚のアイドルとなりました「メンダコ」の物語や。
迷い込んで弱っていた巨大魚「オンデンザメ」救出の話など。
普段触れることは無い、深海魚と人々の触れ合いをハートフルに描かれております。

特に客として見る側だった主人公が飼育側になるという覚悟。
普通の魚と違って飼育も困難な厳しい世界で働くということを実感させてくれました。

関連記事
スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://ariori.blog64.fc2.com/tb.php/4416-2fdd7da5
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫