ブキミの谷のロボ子さん 1

 2018-05-25
伊咲ウタ先生
伊咲ウタ先生


ガラスの仮面をかぶるのよ ロボ子



「ブキミの谷のロボ子さん」第一巻


人工知能が発達し、ロボットが業務代行を行う近未来。
とある引きこもりの主人公・上小杉の家へ荷物が届けられました。

中には人間そっくりの美少女アンドロイド。
人間に似せたロボットは禁止されている世界で彼女は違法であり。
「人間とは何か」知りたいと言う彼女なのでした。


ということで。
全二次オタ最大の夢である美少女アンドロイド。
それが空から降ってきたばりに、無償で所有出来たらという夢のある物語。
でも、こじらせ主人公な上にアンドロイドも変、と一筋縄ではいかないようです。


見た目、本物の女の子ではありますがアンドロイドのロボ子さん。

わけあって家族と離れ、家に引きこもってデイトレして暮らしている主人公・上小杉は。
自分が人間らしい生活を送っていないのを自覚し。
オレではロボ子の知りたがっている「人間らしさ」が教えられないよ、と言うのでしたが。
なぜかロボ子は上小杉から離れようとしないのでした。


瞬きもしない無表情なロボ子ですが。
主人公から人間とは何かを学び取ろうとする姿がケナゲで可愛いです。
一方、主人公はというと。
彼女をつき放つような言動をするものの、近所にバレないために画策したり。
似合う夏服のセーラー服を買ってしまうなど。
何だかんだ言いながらも可愛がるのが微笑ましいですね。

だんだんと表情も柔らかくなっていくロボ子さんは。
より人間らしくなっていき、上小杉の暗い過去を吹き飛ばしてくれるのでしょうか。

関連記事
スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://ariori.blog64.fc2.com/tb.php/4399-69e27503
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫