FC2ブログ

ノブナガ先生 1

 2018-05-20
大和田秀樹先生
大和田秀樹先生


天下人の順応性 パねーなー!!


「ノブナガ先生」第一巻


どこにでも居る歴史講師の主人公・藤倉建一。
例によって戦国時代へタイムスリップしてしまい、織田信長と出逢いました。

時は流れて本能寺の変。
寺は明智に焼き討ちされ、間一髪の所を現代に戻れた藤倉でしたが。
ついでに信長も一緒に現代に来てしまったのです。


ということで。
あの織田信長が現代社会に来て教師になったら・・・というストーリー。
ベタではありますが、戦国好きなら読みたいシチュエーションですよね。
戦国時代当時の方言がきつ過ぎて現代人とは会話にならないとは思いますが。


テレビなどを見て何じゃこりゃあと驚くわけでもなく。
頭の柔らかい織田信長は。
あっさりと現代社会を受け入れ、適応してしまうのです。

人間50年~下天の内をくらぶれば~夢幻の如くなり~
それどころか、平均寿命80歳というのを知り。
まだ40台の信長はまだやれることあるではないかと、とりあえず教師になってみるのでした。


スマホを活用したり、仮想通貨で儲けたりと。
さすが魔王と恐れられた天下人、現代人でもそうそう出来ないことをやってくれます。

その頭の柔らかさは教師業にも生かされ。
不登校の生徒や、自殺志願の生徒などを簡単に組み伏せます。
一見、ただのチンピラ教師ではありますが。
織田信長は人心掌握術に長けた天才なのかもしれません。

関連記事
スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://ariori.blog64.fc2.com/tb.php/4395-025e01d9
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫