ソードアート・オンライン プログレッシブ 7

 2018-05-09
比村奇石先生・川原礫先生
比村奇石先生・川原礫先生


うっし 有言実行


「SAO プログレッシブ」第七巻


100層まであるというアインクラッド。
このデスゲームが開始され、まだ序盤の第3層。
ゲームイベント「森のエルフ」編に巻き込まれた主人公・キリトらは。
ダークエルフサイド・キズメルと共に行動し。
ストーリーは大詰め。

敵の戦略によりアスナと分断されてしまったキリトでしたが。
刺客は予想以上に強く。
アスナのことを「オタサーの姫」などと悪く言われ、我を忘れてしまうキリトなのでした。


ということで。
SAOスピンオフ作品。
まだアスナも血盟騎士団に入る前の第3層での物語、一応完結巻ですかね。

キリトさんの強さは本物ですが。
見所はやはりダークエルフ・キズメルとアスナの見事なコンビネーション。
情報屋アルゴが嫉妬するほどに美しく。
敵側として参戦していたプレイヤーたちも見惚れてしまって手が出ませんでした。
比村先生が描く胸の大きさもポイントです。

どうにかイベント終了し、第3階層を抜けるSAOサバイバーたち。
まだアスナとキリトはお互いに若干意識する程度の関係ではありますが。
こういった一つ一つのイベントが信頼に繋がり、愛へと発展していくのでしょう。

関連記事
スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://ariori.blog64.fc2.com/tb.php/4382-d52b1eee
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫