FC2ブログ

アーリオ オーリオ

La foresta di comics

プロフィール

マウサー

Author:マウサー
私のお気に入りマンガを
紹介させていただきます

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

ツイッター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

空挺ドラゴンズ 4

桑原太矩先生
桑原太矩先生


船長と話をさせて …それとクリームはあるかしら


「空挺ドラゴンズ」第四巻


ヒロイン・タキタの乗る捕龍船「クィン・ザザ」号が豪華な船と空中接触し。
飛べなくなってしまいました。

当て逃げされ、修理代も出せず。
このままでは廃業の危機にさらされた乗組員たちでしたが。
女乗組員であるヴァニーが当て逃げした船を発見。
単身乗り込み交渉を開始するのでした。


ということで。
今最もスタジオ・ジブリにアニメ映画化して欲しい作品私的ナンバーワン。
「風の谷のナウシカ」の再来を感じさせるファンタジー作品です。
宮崎駿先生、読んでてくれないかなあ。


当て逃げした船には貴族の船長・ブルノが乗っており。
ヴァニーに言うことなど聞き耳持たない感じでありましたが。
ブルノは大の龍マニアで。
ヴァニーが以前「龍の回廊」を見たと聞いたとたんに態度が一変するのでした。


今回は修理中のザザ号に替わり。
貴族の船で「船喰い」と呼ばれる凶暴な龍捕獲へと旅立つヴァニーたち。
一歩間違えれば殺されかねない龍相手に。
ブルノは龍の写真が撮りたくて。
主人公のミケは、もちろん龍の肉が食べたくて居ても立ってもいられないのです。


無骨な空中船から観る壮大な景色と神秘的な龍の姿。
これこそファンタジーの真髄ですよね。
絵柄はもとより、お馴染み宮崎監督へのオマージュと見られる演出も随所にあり。
ヴァニーが船に飛び移るシーンや。
ミケの風が匂うというシーンからの龍との接触シーンまで。
興奮がストレートに伝わってくるのを感じますね。

関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

アーリオ オーリオ

この記事に対するコメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


前後の記事の案内

トラックバック

トラックバックURL
→http://ariori.blog64.fc2.com/tb.php/4380-66dbe4ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright © アーリオ オーリオ All Rights Reserved.
バンド募集のキング コールマン ランタン