STEINS;GATE 0 2

 2018-05-06
姫乃タカ先生
姫乃タカ先生


オーキードーキー!


「シュタゲゼロ」第二巻


ヒロイン・牧瀬紅莉栖の居ない世界線での物語の続き。
しかし、彼女は人工知能アマデウス内に存在していて。
まだ生きていると錯覚さえ覚える主人公・岡部倫太郎は。
なるべくアマデウスと関わらないようにしようとするのです。

第三次世界大戦から地球を救ううため、未来から来た阿万音鈴羽は。
岡部を説得し、平和な未来への足がかりにしたいのですが。
その前に同じ未来から来た少女を探して欲しいと言うのです。


ということで。
アニメ放映中のシュタゲゼロのコミカライズ版です。
前期に比べると、より深刻で暗い雰囲気ではありますね。


ラボメンの漆原るか家の訪問者が件の少女であり。
岡部と接触する彼女。
しかしまたしても武装した男たちに囲まれてしまうのです。

タイムマシンの無い世界線へと移動したはずなのに。
繰り返される悪夢。
そして岡部が感じる既視感・リーディングシュタイナー。
逃れられない定めだとでもいうのでしょうか?
一刻も油断の出来ないスリルが楽しい科学サスペンスです。

関連記事
スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://ariori.blog64.fc2.com/tb.php/4376-f8e0d4c3
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫