ダーリン・イン・ザ・フランキス 2

 2018-05-03
矢吹健太郎先生
矢吹健太郎先生


もっとだ もっとキミを味合わせて・・・


「ダリフラ」第二巻


乗れないと思っていた人型兵器・フランクスに。
謎の少女・ゼロツーとなら乗れた主人公・ヒロ。
それならばと、リーダーであるイチゴと共にフランクスに乗り込みセッションを計るも。
起動せず。
イチゴにキスされても感じることが出来なかったヒロなのです。


ということで。
ちょっとHな美少女漫画界の勇が描くロボットファンタジー作品。
当初はジャンル違いではと心配したのですが、出来る人間は何を描かせても巧いんだ。
この才能に嫉妬します。


結果、またフランクスに乗ることが出来なかった主人公・ヒロ。
仲間のピンチに一刻も早く駆けつけたいのですが。
角の生えた少女・ゼロツーと共に専用機・ストレリチアには乗れるのです。
だが彼女と3回出撃すると死ぬというジンクスがあるのでした。


放映中のアニメとストーリー展開はほぼ一緒です。
端折っているところもありますが、違和感なく話は流れていきます。
特に、フランクス内に居るペアであるパイロットの繋がりが丁寧に描かれていて。
マシンの母体である女の子の表情が欲情感をそそらさせますね。

ヒロとゼロツーの関係にモヤモヤとした感情を抱くイチゴ。
その憂いの感情とは真逆に、水を得た魚のように活き活きとするゼロツー。
彼女、ヒロの寝室にまで忍び込んでしまったりして。
リト神が宿ったかのようなラッキースケベが炸裂し、読者も大満足させてくれます。

関連記事
スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://ariori.blog64.fc2.com/tb.php/4373-cd5b4f6b
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫