駆除人 2

 2018-04-28
浅川圭司先生・花黒子先生
浅川圭司先生・花黒子先生


もし本当にしたくなったら いつでも言ってくれ


「駆除人」第二巻


害虫駆除業者だった主人公・ナオキ。
彼がファンタジー世界に転移され。
ネズミっぽいモンスターなら業者時代の方法で戦えるのではないかと考えましたが。
大正解。
プロのテクでネズミモンスターを狩りまくり。
いつの間にやら大量の経験値も取得していたのでした。

そして今回の依頼は大きなお屋敷から。
屋敷に蔓延る小型昆虫型モンスターを退治して欲しいというのです。


ということで。
害虫駆除業者のオッサンが異世界転生したら?という物語。
どんな業種でもスキルを研けば立派な戦力になるんですよねえ。
継続はチカラ成り、ですよ。


小型昆虫型モンスター、ようするにゴキブリを退治して欲しいとの依頼で。
しかし、ゴキの数があまりにも数が多すぎるため。
主人公・ナオキ特製の毒煙を使う「くんえん型」兵器でゴキブリを一掃するのでした。


バルサンきたー!
主人公はゴキをすべて退治して報酬を得るのでしたが。
依頼主もまさか重量・キロ単位でモンスターを退治するとは思っていなかったらしく。
彼に1000万円も払う契約になってしまい。
払えない分はメイドの奴隷を一人渡すから勘弁してくれと言うのです。

ここで普通なら美少女メイドの登場となるのですが。
登場したのは、普通のオバちゃんメイドという意外性。
でもそれが後々、心温まるストーリーへと繋がるのが良いですね。

美少女担当はナオキの相棒の女戦士・アイルが居ますから。
ビキニアーマー着た露出狂バーサーカーですけどね。

関連記事
スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://ariori.blog64.fc2.com/tb.php/4370-d5b74be3
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫