熱帯魚は雪に焦がれる 2

 2018-04-27
萩埜まこと先生
萩埜まこと先生


ちょっとデートっぽい・・・


「熱帯魚は雪に焦がれる」第二巻


田舎へ転校してきたヒロイン・天野小夏は。
学校の水族館部に入部、そこで帆波小雪先輩と出逢うのでした。

一人しか居なかった弱小の部に小夏が入ってきてくれたこと。
一緒に活動できることが嬉しくて。
奥手な性格なのに思わず小夏に抱きついてしまう先輩なのでした。


ということで。
とある田舎町で繰り広げられる少女たちのラブストーリー。
仲谷鳰先生の「やがて君になる」もアニメ化されるそうで百合が今キテマス。
本書もぜひ動いているところが見たいね。


抱きついてしまったことで、内心ドキドキの帆波先輩だったのですが。
ただのスキンシップだと思っている小夏はいたって普通。
そんな温度が違う2人に、今度は夏祭りイベントが発生するのです。


大好きな後輩・小雪を夏祭りに誘いたくてソワソワしっぱなしの帆波さんなのですが。
同級生の友達と先約があるのではないかと想像し落ち込んでしまったり。
可愛いなあ、もう。
くっ付きそうでくっ付かない。
2人の距離感が絶妙のバランスを保っている状況ですね。


関連記事
スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://ariori.blog64.fc2.com/tb.php/4369-9a4b71de
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫