ムダヅモ無き改革 プリンセスオブジパング 2

 2018-04-14
大和田秀樹先生
大和田秀樹先生


キサマ 最初っからそこにいたなッ!!!


「ムダヅモ無き改革」第二巻


アメリカにて。
合衆国大統領・トランプと闘牌をするヒロイン・御門葩子。
麻雀初心者である彼女には無謀とも思える挑戦だったのですが。
見事「ライジングサン」を決めトランプを撃破。

ポツダム政令における御門家の闘牌禁止令がとかれ。
葩子は自由に麻雀が打てる身体になったのでした。


ということで。
日本の帝の血を引く女子高生の国際首脳麻雀戦記。
実在の人物が登場する本作品は風刺の効いたマンガとしても楽しめ。
意外と勉強にもなるので大好きです。


以降。
実力、強運共に持ち合わせたヒロイン・葩子は麻雀インターハイを駆け上がり。
世界女子高生チャンプを決定する大会にまで出場することになるのです。

グループリーグで最初に当たるのは。
台湾代表「蔡英文」
現役女子高生ながらに台湾大統領も務める英才の登場に。
初戦から苦戦必至の葩子なのでした。


お次のお相手は台湾総統・蔡英文、しかも女子高生化!
キョンシー牌を使うなど。
さすが大国と対立出来うる実力と可愛さを兼ね備え。
親日とはいえ台湾も侮れない雰囲気となっております。

人気キャラ・四條絢乃のゲスト参戦。
さらっと台湾独立時の解説も入っているところとか大好きです。

関連記事
スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://ariori.blog64.fc2.com/tb.php/4352-537f7542
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫