圕の大魔術師 1

 2018-04-07
泉光先生
泉光先生


物語の主人公は いつだって他の人と違う


「図書館の大魔術師」第一巻


本を読むことが大好きだった少年。
しかし彼は貧民街の育ちで、村の図書館には入れてもらえないのでした。
そんなある日。
本の都と呼ばれる国・アフツァックからカフナという司書官たちが村を訪れました。

カフナたちは村の図書館が正常に機能しているのを確認しに来たのでしたが。
貧民街の少年が本を読めないことを知り、激怒するのでした。


ということで。
図書館をテーマとしたファンタジー作品。
細部まで描きこまれたグラフィックと。
重厚なる舞台設定が読み手を引き込みます。

いつもイジメられ、消極的だった少年。
しかし本に対する情熱だけは誰にも負けず。
カフナの女性と出逢い、彼女と対話することで。
自分が人生という名の物語の主人公であることを自覚していくのです。


カフナの美少女たちは個性的で魅力があり。
そのシスター服とチベット民族衣裳を合わせたような
正装がカッコいいのであります。
こんな女性に人生論を説かれたら惚れ込んじゃいますね。

とにかく情報文字数が多いので。
マンガでありながらノベルのように時間をかけてゆっくりと楽しめます。
もちろん読ませるだけの熱さ面白さもあるのが流石です。

関連記事
スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://ariori.blog64.fc2.com/tb.php/4344-c8f66db3
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫