明×暗SCRAMBLE 4

 2018-04-04
津々巳あや先生・空木春花先生
津々巳あや先生・空木春花先生


長いあいだ辛かったよね でも もういいんだ


「メイアンスクランブル」第四巻


もう今は死んでしまった女の子の魂が集う学園。
そこへ転入してきた人間の主人公・桜は。
霊たちの魂を喰らう「嫉」を唯一浄化できるのでした。

学園奥で見つけた腐った人形。
それは学園で孤独に死んでしまった星野琴の亡骸のヨリシロであり。
学園の霊たちをニエとして復活させようとする琴の父である学校長の計画なのでした。


ということで。
女子高生と恐怖が交錯するミステリーホラー作品、最終巻。
ストーリーは不気味ではありますが。
それを打ち消すような女生徒たちの可愛さが面白かったですね。


娘の霊を受け入れる器を失ってしまった学校長は。
霊である雫という少女を使って琴を生き返らせようとするのでした。

琴の死に主人公・桜の母親が関与していて。
そんな因果のせいか、このような事件に巻き込まれる形となったのですね。
エピローグもあり、綺麗にまとまったエンディングになったと思います。
琴の親友、谷川望のエピソードも真面目らしい彼女っぽさが存分に出ていて良かったです。

関連記事
スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://ariori.blog64.fc2.com/tb.php/4340-80576a4a
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫