地獄の釜の蓋を開けろ マビノギオン偽典 1

 2018-04-01
鬼頭えん先生
鬼頭えん先生


あんたらは死を怖がりすぎる


「地獄の釜の蓋を開けろ」第一巻


1193年イングランド。
墓堀を生業としている主人公の青年・グウィン。
今日も絞首刑となった娼婦の死体を教会のそばに埋めていると。
余計なことしやがって、と村人からリンチに遭いました。

罪人と娼婦の死体は森に捨てられるのが当たり前の時代。
さてはお前も異教徒か、と。
グウィンは村人に追い回され殺されそうになったところ。
森の中から「地獄の釜」を名乗る少女が現れたのでした。


ということで。
まだ文明が発達していない中世ヨーロッパでの。
墓堀青年と出逢った不思議な少女とのファンタジー作品。
死体は吊るして、さらし者にする世界。
野蛮な時代があったものです。


あらゆる怪我を治し。
死体さえも甦らすという地獄の釜。
それを知った村人たちはグウィンと彼女を利用しようとするのです。

だが主人公は墓掘りにこだわりを持つ埋葬マスター。
せっかく丹精込めて埋めた死体を。
掘り返すような輩は許せんとなるのです。

話は重いですが熱い主人公が良いね。
先生独特のオドロオドロしい作画も相まって。
中世ヨーロッパでの出来事がリアルに描かれておりますね。

関連記事
スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://ariori.blog64.fc2.com/tb.php/4336-b9beb55c
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫