ゴブリンスレイヤー外伝:イヤーワン 1

 2018-03-13
蝸牛くも先生・栄田健人先生
蝸牛くも先生・栄田健人先生


顔を売る気がないなら 兜くらい覚えてもらえ


「ゴブリンスレイヤー外伝:イヤーワン」第一巻


ただ、ひたすら低級モンスター「ゴブリン」を狩り続ける冒険者。
のちに「ゴブリンスレイヤー」と呼ばれるようになった彼が。
なぜ、ゴブリンに固執して戦い続けるのか。

彼がまだ幼い頃。
ゴブリンの群れに村が襲われ。
目の前で、家族が犯され殺され蹂躙されてしまいました。
生き残った彼もまたゴブリンの餌食となる運命でしたが。
それを救ったのは・・・


ということで。
アニメ化も決定しました「ゴブスレさん」の外伝コミカライズ。
彼の生い立ち、ゴブリンへの憎悪の念。
そしてあの特徴ある兜などを装備し、ギルドを訪れるシーンなどが描かれております。
ゴブリンに襲われる女性の描写もありますね。


ゴブリンの住処の洞窟へと一人、潜入する彼。
片手に剣、片手に盾、明かりとなる松明はどうやって持つ?
真新しい装備では容易くゴブリンに臭いで気配を読まれてしまうことも学習し。
まだ駆け出しの冒険者である彼が苦戦してでの戦いとなりました。


本編ではゴブリン殺しのエキスパートであるのですが。
まだ「ゴブリン慣れ」していないゴブスレさん、初々しいねえ!

奴らの特徴、習性を熟知し。
攻め方ひとつにしても効率よく確実に始末する方法を編み出して。
今のゴブリンスレイヤーが成り立っているのですね。

関連記事
スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://ariori.blog64.fc2.com/tb.php/4306-1755ed35
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫