えびがわ町の妖怪カフェ 3

 2018-03-13
上田信舟先生
上田信舟先生


ありがとな でも無理したらあかんよ


「えびがわ町の妖怪カフェ」第三巻


都合で田舎の叔父さんの家へ、夏休み遊びに来ている少女・高梨まな。
妖怪など出てきては騒がしい毎日が過ぎていき。
今日はプールにつれて来てもらいました。
楽しく遊んでいると地元の男の子がやって来て、まなのことをからかい始めるのでした。


ということで。
妖怪が見えちゃう少女と優しい叔父さんのハートフルストーリー。
キツネ変化の女子高生・咲ちゃんがレギュラーになったのは嬉しいですね。


オジさんの作る料理はとても美味しく。
ヒロイン・まな のみならず、妖怪たちにも大評判。
特に食いしん坊の咲ちゃんは食べ過ぎて太ってしまいました。

ちょっとくらいで大げさなと言うオジさんでしたが。
女の子の気持ちがわかってないと、まなに叱られてしまいます。
きゅうりしか食べていないという咲ちゃんに。
叔父さんはスタミナのつく料理をご馳走してくれるのです。


妖怪マンガでもあり、グルメマンガでもある今作。
肝試しなど、不思議な妖怪話は怖いというよりむしろシットリとした感じであり。
片田舎風景と相まって読んでいて心地良いのです。
そして何か深い過去がありそうなオジさんの願いとは・・・?


関連記事
スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://ariori.blog64.fc2.com/tb.php/4305-2a520859
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫