ゆるキャン△ 6

 2018-03-12
あfろ先生
あfろ先生


さすが「鍋しこ」ちゃん!!


「ゆるキャン△」第六巻


今回はヒロイン「志摩リン」と「各務原なでしこ」がバイトのため。
野クル部長「大垣千明」、「犬山あおい」と「斉藤恵那」の三人で冬キャンです。

アウトドア用のイスを買うなど準備万端だったのですが。
キャンプ地・山中湖の気温は夕方ですでに氷点下。
とてもじゃないけど、彼女らの貧疎な装備で一晩越せるような気温ではないのでした。


ということで。
女の子たちによる、ゆるふわ冬季キャンパー作品。
放映中アニメは大人気、まだ寒いこんな時期にキャンプ場が盛り上がるなど。
誰が予想したでしょうか?
とりあえずアクティブなことをしたいけど。
テント泊登山までいくとキツいからキャンプだけってのも解かります。


もの凄く寒いけど、とりあえずくっ付いて寝ようということになり。
さながら冬山の遭難者みたいな感じになってしまいましたが。
冬キャンプ慣れしている隣のキャンパーに助けてもらっていると。
野クル顧問の鳥羽先生が心配して駆けつけてくれたのでした。


聖地巡礼、作品のマネして冬キャンするのはいいけど。
無茶無謀なことして周りに迷惑かけないように、という作者からのメッセージですね。
でもこういう失敗は記念にも経験にもなるんですよね。

キャンドルランプが欲しくてバイトして。
ショップにチラチラ見に来る なでしこがとても可愛いです。
彼女のために商品を取り置きしといてあげるショップ店員もグッドジョブです!
世話になっている愛車を洗車するシマリンの姿もあり。
個々、自分の好きなことに時間を割く充実感が心地良いなあと感じました。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2018/03/12 21:44】 | # | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://ariori.blog64.fc2.com/tb.php/4302-526c58d7
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫