木星少女流星群 1

 2018-03-10
木戸朋生先生・真木蛍五先生
木戸朋生先生・真木蛍五先生


私の…友達を…傷つけないで…


「木星少女流星群」第一巻


地球外の星を開拓するようになった近未来。
我が日本も木星の第二衛星・エウロパに調査団を派遣。
惑星開拓へと準備を進めている最中。
宇宙服も身に着けていないセーラー服の女子高生がエウロパを歩いていました。

微量の酸素とマイナス200度という環境の中を。
まるで渋谷にでも居るかのように平然としている彼女たち。
そして調査団に攻撃を仕掛けてくるのでした。


ということで。
氷しかないような衛星に女子高生という。
これまた違和感すごいシュールな作品が登場です。
血しぶきも一瞬で凍るスペースバトルアクション。


防護服ごと人間を切り裂く女子高生「はるか」「なな」「かすみ」
ここ、エウロパは彼女たちの土地であって。
それを侵略する者は誰であろうと敵なのです。

後に彼女たちを抹殺するため、宇宙で特殊訓練を受けた軍人が来ますが。
はるかたちは、首を落とされても死なず。
虫けらを潰すかのように軍人を排除する女子高生なのです。


火星にはゴキブリ人間が居ましたが。
ここエウロパには、もの凄く強いセーラー服女子高生が居ました!


彼女たちは「高攻生」通称ミーティアと呼ばれる軍が開発した超人で。
実験段階で逃げ出した彼女たちは自由を手に入れるためエウロパを占拠。
排除するため送り込まれた戦闘員と戦っているのです。
いかなる環境下でも生きられ。
手足を切られてもすぐに復活。
戦闘用宇宙服など紙切れのように引きちぎることが出来る腕力・・・


まるで一般人がスーパーサイヤ人とでも戦っているような圧倒感!
しかも彼女たちの仲間がまだ寝ているというのですから。
仲間になるのか、はたまた敵として登場するのか、楽しみです。

関連記事
スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://ariori.blog64.fc2.com/tb.php/4297-907394fd
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫