FC2ブログ

あきたこまちにひとめぼれ 2

 2018-01-28
img122_2018012822555366c.jpg
吉谷光平先生


お米そのものが もやはオカズ・・・!!!


「あきたこまちにひとめぼれ」第二巻


食堂「こまち」にて。
いつも美味しいご飯を食べていた主人公・虎次郎。

「青天の霹靂」という青森で一番美味しいという米を出されるも。
なんかちょっと、慣れたというか飽きたと言う虎次郎に。
ヒロイン・小町は怒り心頭。
なら自分で作れと飯ごうを渡されるのでした。


ということで。
最近、若者の和食離れとか、米の食い方が解からないとか・・・意味が解からない!

食レポ漫画は数あれど。
珍しい「お米メイン」を題材とした文字通りラブコメ作品です。
「卵かけご飯あれこれ」、「お米コラム」、「品種味チャート表」最新版など。
ちょっと博識ぶってみたりとか、いつか役に立ちそうな解説も嬉しいですね。
「天のつぶ」っていう米、食べてみたい!


川原で飯ごう炊飯をすることになった虎次郎。
小町の説明書どおりに作るも。
いつも食べている小町のご飯に比べればイマイチな仕上がりになってしまいました。
文句言われるだろうなと、覚悟をしていたのですが。
おいしくないけどおいしいよと、笑顔で言われてしまうのでした。


相手のことを考えて作る料理は何だって美味しいのですね。
特に基本である米はストレートにそれが伝わります。
私も今度。
土鍋でも買って、親に食べさせてあげようかなと思ってしまいましたから。

関連記事
スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://ariori.blog64.fc2.com/tb.php/4248-f1d4c7e5
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫