朝焼けは黄金色 THE IDOLM@STER 1

 2018-01-28
img121_20180128044601e28.jpg
まな先生


ピーンときた! キミ アイドルになってみないかね?


「アイマス 朝焼けは黄金色」第一巻


アルバイトに精を出す、ごく普通の女子高生・音無小鳥。
そんな彼女を街で見かけたプロデューサー・高木順二郎。
小鳥の面影は。
かつて高木がプロデュースしたアイドルにそっくりなのでありました。


ということで。
ファンにはお馴染みアイマス765プロの事務所の姉ちゃん。
音無小鳥の過去を描いた物語です。
顔良し声良し器量良しな彼女が、なぜメジャーデビューしなかったのか。
気になっていたんですよね。


芸能界に軽く嫌気を刺していた主人公・高木でしたが。
小鳥を見て、以前プロデュースしたアイドル「音無琴美」を思い出してしまいます。
小鳥が琴美の娘だと知り。
彼女をスカウトするも、琴美とのトラブルにより失墜してしまった過去が過ぎり。
高木の気持ちは揺れ動くのでした。


主人公は、なんと高木社長。
ちゃんと顔が見えてる!
彼がまだプロデューサー時代に出逢った琴美。
そして小鳥を巡って物語は動きます。

現在も十分可愛いのですが。
どのページを見ても女子高生の小鳥さん・・・いいね。
学生ながらに妙に色気があるというか。
社長の目の付け所が正確なのが見て取れます。


幼き頃に亡くした母がアイドルだったというだけで。
芸能界に興味を持った小鳥の初々しい姿。

そんな彼女を見て、目に光を取り戻しつつある高木社長。
高木の親友、そしてライバルとして共に戦う黒井。
古くからの付き合いである善澤記者の姿もあり。
長いアイドルマスターの歴史の始祖を知ることの出来る作品となっております。

関連記事
スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://ariori.blog64.fc2.com/tb.php/4247-4fae7bfc
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫