キリングバイツ 9

 2018-01-25
img118_201801252304392a7.jpg
村田真哉先生・隅田かずあさ先生


何で 僕を殺したんですか


「キリングバイツ」第九巻


主人公・野本と「ビーグル」純の前に現れた「ラーテル」瞳。
前回のキリングバイツ終了時に殺したはずの野本が。
生きて目の前に居る。
今すぐにも彼を殺さんばかりの殺気を放つ瞳に対し。
果敢に立ち向かう純なのでしたが・・・


ということで。
アニメも良い感じでスタートしましたジャパリ・バトルロイヤル作品。

漫画の方では第二章という感じで。
現在、ヒロインはビーグル犬の少女になっておりますが。
今回、敵として登場しましたラーテル。
でもやっぱり魅力ある猛獣なんですよねえ、彼女は。


相手が最強でも果敢に立ち向かうのがビーグルですが。
怖いもの知らずなら、ラーテルのほうが一枚上手でして。
まったく瞳に歯が立たなかった純。
野本が生き残るにはビーグルを鍛え上げ。
キリングバイツでラーテルを倒すしか道が無いのです。


さあ始まりました第二回キリングバイツ。
三人一組で行われるバトルロイヤル、一人でも脱落したら即終了です。
ヤモリやチーターなど懐かしい顔ぶれや。
まったく新しい未知の獣人たちが覇を競い合います。


そして今回のドキドキ獣人は「ハイエナ」絵奈。
サバンナのザコキャラ、死肉漁りのイメージしかない彼女ですが。
メスながらに擬似陰茎を有し、その凶悪なモノで純に襲い掛かります。

ハイエナ、なんと怖ろしい!
女の子同士のはずなのに全然萌えないところもまた強烈なインパクトです。

関連記事
スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://ariori.blog64.fc2.com/tb.php/4244-d7f6629c
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫