FC2ブログ

ドレッドノット 1

 2017-11-08
img042_20171108111609140.jpg
緋鍵龍彦先生


・・・怖いって ・・・楽しい!


「ドレッドノット」第一巻



就職活動中だったヒロイン・伊坂詩織。
希望職が見つからず、ウロウロしていたところ。
街で、とある男に出会いました。

暇ならバイトしてくれという男にノコノコ着いて行ってしまう詩織。
気づいた時には不気味な部屋に軟禁されていたのでした。

暗い部屋、不気味な怪物と、人の死体。
たまらず発狂し、逃げ出す詩織でしたが。
そこはお化け屋敷のセットなのでした。


ということで。
作って脅かす側。
「お化け屋敷クリエイター」会社・ドレッドノットに紛れ込んでしまったヒロインの物語。
お化け屋敷の裏側なんて滅多に見れるものではありませんから。
とても面白そうで興味のある作品ですね。


最初は驚いたものの。
こんな楽しいお化け屋敷の裏側を知ってしまった詩織は。
ドレッドノットで働くことを決意します。
お客として来る人々は皆、怖がりつつも満面の笑顔で帰って行く。
そんなお化け屋敷は。
プロのクリエイターたちによる緻密な計算と技術で成り立っているのです。


面白い。
ゲストを脅かして、ただ怖がらせるだけではなく。
テーマなどを決め、ストーリー仕立てで怖がらせるなど。
やはり学校文化祭のお化け屋敷とはレベルが違うなという印象でした。
お金を頂いて怖さを売りにするプロですから。
妥協や中途半端さなど許されない厳しい世界なのだというのを知りましたね。

関連記事
スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://ariori.blog64.fc2.com/tb.php/4170-5122a9a3
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫