FC2ブログ

ドラゴンボール外伝 転生したらヤムチャだった件

 2017-11-02
img038_2017110216225518f.jpg
鳥山明先生・ドラゴン画廊・リー先生


ボ・・・ボロクズになってたまるか・・・


「DB 転生したらヤムチャだった件」


ドラゴンボール好きの主人公が階段から落ちてしまい。
気づくと「ドラゴンボールの世界」に居て。
しかも、自分は「ヤムチャ」でした!

舞台は初めてドラゴンボールからシェンロンを呼び出した直後で。
本来なら、ここで孫悟空たちと別れ、ブルマと恋人同士になるのですが。
その後のヤムチャの運命を知る主人公は。
ブルマの誘いを断り、悟空と共に亀仙人の修行へとつくのでした。


ということで。
あのドラゴンボールの初期ライバルであった「ヤムチャ」
後半悲惨なやられ役になってしまった彼に転生してしまった主人公の物語。
あの闇歴史を繰り返してはならないと。
本格修行してヤムチャが大活躍するアナザーストーリーです。

真面目に修行したおかげで。
Xデイであったサイバイマンの自爆攻撃にも耐えたヤムチャは。
なんとべジータとも互角の戦いをしてしまうのです。


ローガフーフーケーン!
初期ドラゴンボールファンの私としてはヤムチャが強いなどという
夢のような展開に心躍らないわけがありません。

作画は鳥山先生にソックリなのは当たり前。
コマワリやパース、集中線の使い方など完璧でありますね。
まるで鳥山先生が帰ってきたみたいです。

ストーリーはダイジェストながらも要点は押えており。
何よりヤムチャのパワーをクリリンやピッコロが認めているのが嬉しい。
パワーインフレの象徴たる作品に打ち込まれた毒薬、楽しくないわけがありません。

関連記事
スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://ariori.blog64.fc2.com/tb.php/4166-161950ea
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫