198Xメモリーズ 1

 2017-10-13
img016_20171013100258596.jpg
井上和郎先生


後半怒涛の、過激プレイ!!


「198Xメモリーズ」第一巻


時は1987年。
まだスマホもネットも普及していない時代。
少年たちはエロに飢えていた!
親にばれないよう深夜のお色気番組をコソコソと観たりして。
そしてゲーセンに待望の脱衣麻雀ゲームが入荷したのでした。


ということで。
ゲームもマンガもテレビも飽きられ。
今はもう娯楽が飽和状態にある時代ですが。
30年前ともなるとまだ手探りで楽しみを探していた時代。
そんな少年時代を過ごした主人公たちの熱いリビドーほとばしる作品です。
まあ、オッサンホイホイ。


今日こそ女の子を全裸にしてやるぜ、と。
ゲーセンの脱衣麻雀ゲームへ向った主人公たち。
しかし当時のゲーセンには他の学校の不良たちが、たむろしていたのです。
だが彼らの欲望はその程度では抑えられないのでした。

ウルトラリアル麻雀p2。
セタさんのヒット作・スーパーリアル麻雀p2の「論よりショウコ」ちゃんですね。
ドット絵が当たり前の時代に、あのアニメーションは衝撃でした。
開始10秒で役満上がられたりと鬼畜難易度でしたが。
あのショウコの笑顔に惚れられずにはいられませんでした。
対局中、タバコふかしますけど。

深夜の11pmなどのお色気番組。
エロアニメの金字塔「くりいむれもん」
路地裏でのビニ本探しなどなど。
あの時代を通過した青少年には懐かしい想い出がいっぱい。
娯楽は少なかったけど楽しい時代でありました。

今は何でも難なく手に入る便利な時代になってしまいましたが。
無意味なことにも必死になり。
がむしゃらに生きてきた時代を振り返ることが出来る作品ですね。

関連記事
スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://ariori.blog64.fc2.com/tb.php/4148-ed42da05
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫