マトイ・ナデシコ 2

 2017-06-30
img948_20170630201223ac3.jpg
神馬耶樹先生


んもぉー キラキラへの道は遠いナ~


「マトイナデシコ」第二巻


背が低くて、くせっ毛のヒロイン・纏。
その容姿がコンプレックスとなって「女子高生」嫌いとなっていたのですが。
弓道部にコーチとして纏の従姉妹である灰原チカがやって来ました。

スタイルの良い美人なチカは纏の憧れだったのですが。
過去に「アンタじゃ私みたいになれない」と言われショックを受けていたのでした。


ということで。
女子部活系マンガ・弓道部作品、完結巻です。
私も軽く弓道経験者なので続いて欲しかった作品ですねえ。


苦手な従姉妹がコーチとして弓道部に来てしまったので。
落ち込む纏でしたが。
理由を知ったカエ先輩が纏に謝ることを条件にチカに勝負を挑むのです。

当の本人は弱気でモジモジしっぱなしなので。
ヒロイン・纏を置いてけぼりの熱い対決が始まってしまいます。
本当は誤解だったのですが、この辺リアルで楽しめました。

弦で顔打ち、作法なども本格的で懐かしいですね。
女子高生が袴で胸当てしている姿だけでも貴重なのです。

その後、新入部員とかも入ってくるのですが。
可愛くて明るい「ザ・女子高生」な友人・秋津さんがグイグイ引っ張っちゃったりして。
コミュ障的な感じのヒロインがあまり活躍していないところが新鮮でしたね。
纏の悩んでいる姿、好きでしたよ。

関連記事
スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://ariori.blog64.fc2.com/tb.php/4086-0e8b925e
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫