アーリオ オーリオ

La foresta di comics

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

ツイッター

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

狼と香辛料 15

img930.jpg
小梅けいと先生・支倉凍砂先生


我々は あなたの盾となり剣となろう


「狼と香辛料」第十五巻


田舎町レスコで店を出そうと思ったロレンス。
しかし街の商会デバウに追われる身となり。
賢狼ホロの持ち帰る禁書を待つ間、ロレンスはミューリ傭兵団と逃げることとなったのです。


ということで。
そろそろ終わりが見えてきたような狼と香辛料。
他のコミカライズしやすそうな文字通りライトなノベルと違い。
結構小難しい内容の原作なので小梅先生も大変な作業でしょう。


デバウ商会の雇う敵傭兵団に追いつかれてしまったミューリ傭兵団。
激しい戦闘が始まるのかと思えば。
旧知の仲であった傭兵団であったため、威嚇し合いで事なきを得ました。
敵傭兵団と内通し、デバウ商会を陥れる作戦が決行されたのですが。
ここでなんと裏切り行為が発生してしまうのです。


ほっと安心させたり、焦らされたりと。
本当に休む間の無いストーリー展開が読者をワクワクさせてくれますね。
傭兵団同士の駆け引きがリアルすぎて、なかなかに怖ろしい。
雪崩発生などタイミングが良すぎで、まるで映画を見ているようでした。

そして忘れてはならないヒロイン・賢狼ホロ。
なんとか無事ロレンスの下へたどり着いた彼女は。
しばらく会えなかった寂しさと、互いに無事であった安堵なのか。
もうロレンスに甘えまくり。
もー可愛いなあ。
尻尾をブンブン振って泣きじゃくり抱きついてくる姿は、どっちが犬なんだか!

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

アーリオ オーリオ

この記事に対するコメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


前後の記事の案内

トラックバック

トラックバックURL
→http://ariori.blog64.fc2.com/tb.php/4070-6590da93
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright © アーリオ オーリオ All Rights Reserved.
バンド募集のキング コールマン ランタン