アーリオ オーリオ

La foresta di comics

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

ツイッター

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

ウォルテニア戦記 1

img913_20170427173313aff.jpg
保利亮太先生・八木ゆかり先生


何かを守りたければ敵に容赦するな


「ウォルテニア戦記」第一巻


祖父に殺人術を習っていた主人公・御子柴亮真。
この日本で何の役に立つのだと悪態をついていた彼ですが。
なんと、いきなり異世界に召喚されてしまいました。

異世界の城で、召喚師や兵士に囲まれた亮真は。
普通は驚き、動揺するはずなのですが。
自分の目撃者を殺害し、城に火を放って逃亡するのでした。


ということで。
お馴染み異世界召喚ファンタジー。

今巻の主人公は。
天才騎士でも天才魔導師でもなく。
あらゆる武器に精通し、素手で相手を殺す。
アーノルドシュワルツネッガーのコマンドーみたいな人間兵器男!
かなり危険な人物が異世界に放たれてしまいましたよ。


城の軍隊に追われる身となってしまった亮真でしたが。
いち早く街に溶け込み、冒険者として登録。
武器を手に入れるのでした。
一刻も早く城から遠ざかるため、冒険者ギルドから配達の依頼を受けますが。
その途中で盗賊の集団と接触。
亮真は敵を皆殺しにして奴隷の美少女を救うのでした。


なんですかこの「殺し慣れた感じ」は。

この平和な日本から、いきなり異世界に召喚されたのに。
そんなに驚きもせず次々と相手を殺す姿。
自分を助けるはずの医者まで情報を仕入れた後、殺す始末に度肝を抜かれましたね。
異世界召喚マンガは数あれど、この主人公は結構ヤバイ!
まあ悪い人間ではないみたいなので。
助けられた奴隷の美少女も悪いようにはされないでしょう。

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

アーリオ オーリオ

この記事に対するコメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


前後の記事の案内

トラックバック

トラックバックURL
→http://ariori.blog64.fc2.com/tb.php/4054-3d861130
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright © アーリオ オーリオ All Rights Reserved.
バンド募集のキング コールマン ランタン