アーリオ オーリオ

La foresta di comics

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

ツイッター

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

魔法少女たると★マギカ 5

img899_20170413172156e0d.jpg
枡狐先生・蛙空先生


行こう 世界に光をもたらすために


「魔法少女たるとマギカ」第五巻


祖国フランスを守るため。
魔法少女となって戦った少女・タルト。
魔女との戦いで親友である魔法少女・リズを失い。
絶望したタルトは敵に捕らえられてしまうのでした。


ということで。
タルトこと、フランスの英雄「ジャンヌ・ダルク」
もし彼女が魔法少女だったら?というコンセプトの物語、完結巻。
こういう史実で、結末のわかっているストーリーは読んでいて苦しいです。


敵魔女・イザボーの出現により。
窮地に追いつめられるフランス軍。
そこへ現れたのは仲間によって解放されたタルトの姿が。
苦戦の末、魔女を倒すことに成功するものの。
憎悪の念晴れない敵軍に、再び捕虜となるため身を差し出すタルトなのでした。


リズの願い「自らの手で真の英雄を誕生させる」
その英雄がタルトで。
彼女はすでに魔法少女を越えた存在となっていたのです。

もはやグリーフシードでの浄化も出来ず、かといって魔女にも成らず。
せめて人間のまま天に召されたいというのがタルトの望みで。
仲間たちが祈り、見守る前で火刑に処されるのでした。

タルト、リズの関係がマドカ、ホムラの関係に酷似しているのが印象的で。
魔法少女になった時点でもう救われないとわかっていましたが。
最後までインキュベーターを天使様と呼び。
正義の為に戦った少女に、この結末はあまりにも辛いですね。
救いはラストのページに描かれたマドカに召されるイメージでしょうか。

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

アーリオ オーリオ

この記事に対するコメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


前後の記事の案内

トラックバック

トラックバックURL
→http://ariori.blog64.fc2.com/tb.php/4042-2011540c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright © アーリオ オーリオ All Rights Reserved.
バンド募集のキング コールマン ランタン