巴マミの平凡な日常 4

 2017-04-13
img895_201704130054258ee.jpg
あらたまい先生


全てを投げ出して反対方向の電車に乗りたいわぁ…


「巴マミの平凡な日常」第四巻


日々、仕事に追われるも。
昼間からビールを飲んだり、毎日コンビニ飯に舌鼓を打つなど。
だらっとした生活に違和感なく溶けこむヒロイン・巴マミ。

それぞれの生活を持ち、大人になってしまった魔法少女たちが久々に集結。

そこで携帯スマホアプリ「ライアー」の話題が出ます。
若い子達のコミュニケーションツールに抵抗をしめしていたマミでしたが。
無理矢理登録されるも、なんとかようやく使いこなし。
何気ない日常会話をマドカたちとするうちに。
懐かしい中学時代を思い出し、自然と涙が出てしまうマミなのでした。


子育てや海外赴任などしている他の魔法少女たちのバイタリティなど。
コーヒー豆を挽くのもめんどくさいマミには到底ないのです。


ということで。
独身アラサーマミのグダグダな日常は今日も平常運転なのですが。

疲れて寝て、また働いて。
この世知辛い現代社会を生きるだけで精一杯の人生。
酒と飯と温かい寝場所があればいい。
他人事とは思えないほど見事に表現されておりますね。

そして彼女もまだ一応「魔法少女」
得意のリボンアクションを仕事で役立てられないか考えたり。
ソウルジェムを野良猫に盗られ、死んでしまうマミ!などなど。
巴マミの平凡な日常に隠された闇を垣間見ることも出来る巻なのです。

関連記事
スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://ariori.blog64.fc2.com/tb.php/4039-c7d4c550
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫