モンキーピーク 1

 2017-02-09
img828_20170209204712ae1.jpg
志名坂高次先生・粂田晃宏先生


山を なめるな


「モンキーピーク」第一巻


製薬会社のレクリエーション活動として。
会社の同僚と山登りに参加した主人公・早乙女。
きつく、慣れない登山に文句を言いながらも社命なので登る社員たち。

なんとか登頂を果たし、テントで一泊する彼ら。
翌朝下山する予定だったのですが。
その夜、ナタを持った「大猿」が現れ、死者が出てしまうのでした・・・


ということで。
陸の孤島、山岳を舞台とした怪奇パニックホラー作品です。
私も山梨でサルの群れに囲まれた経験がありますが。
威嚇してくる彼らは、かなり恐いですよ


食料や通信手段を持っていなかった彼らは急ぎ下山することにしました。

だが相手は武器を持った大きな猿。
頭も良いのか。
下山道を印す標識をすり替えて人間を混乱させ。
突然現れては一人二人と次々に猿に殺されていく社員たち。
もう彼らには恐怖することしか出来ないのでしょうか。

まるで「13日の金曜日」のように繰り返される殺戮の嵐!
林から崖から、どこからでも現れる大猿の身のこなしは人間業ではなく。
それに加え、山という非日常なる厳しい環境。
生身の人間がいかに弱いかということを知らしめてくれます。

関連記事
スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://ariori.blog64.fc2.com/tb.php/3978-b7eb0f61
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫