かわずや 1

 2017-02-09
img827_201702091635036f5.jpg
蟹丹先生


蛙の面に小便!!ってね!!


「かわずや」第一巻


とある田舎町にある一軒の商店。
子供たちの憩いの駄菓子屋でもあり、何でも揃う便利なお店。
そんな店でアルバイトをするヒロイン・酒江田ゆう。
しかし店長は丸々と太った大きなカエルなのでした。


ということで。
片田舎で働く女子高生とカエル店長の、のんびりとした物語。
カエルというより、「となりのトトロ」的な優しい癒し系の雰囲気となっております。


学校帰りに一生懸命働いて。
近所の子供たちや婆ちゃんたちと温かな交流を計る女子高生・ゆう。
いつも無口で無表情のカエル店長ですが。
困ったことが無いか、見守ってくれているのです。

相手は妻に先立たれた子持ちのカエルですが。
どうやら、ゆうは店長にホの字のようでして。
子供は普通の人間?タイプ。
果たして、両生類と人間の交配は可能なのか、とか考えちゃったりして。
何だろう、「紅の豚」みたいなノロイのたぐいなんですかねえ。

関連記事
スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://ariori.blog64.fc2.com/tb.php/3977-3742eab1
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫