アーリオ オーリオ

La foresta di comics

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

ツイッター

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

ウチの使い魔がすみません 2

img823_20170208050622e34.jpg
櫓刃鉄火先生


せめて主人だから とか言って!!


「ウチの使い魔がすみません」第二巻


ここ魔界で。
行方不明の父親を探し旅をする魔族の少女・パティ。
彼女の頼りになるはずの使い魔は、なんと人間。
それも、三度の飯より「モンスター研究」が大好きな変人で。
いつも振り回されっぱなしなパティなのです。

父を探し、遺跡のある街へやってきたパティたち。
そこには魔王のチカラが宿るという宝杖が展示されていまして。
当然、興味を持つ使い魔・ノーマン。
ドタバタとしているうちに、なぜか宝杖の封印はとかれ暴走が始まるのでした。


ということで。
本作も異世界召喚モノになるのでしょうか。
魔物マニアのオジサン使い魔と、哀れな魔族少女の旅物語。

勝手に動き回って。
自分の興味を持ったモノに突撃しちゃう使い魔・ノーマンと。
それを泣きながら追いかけるパティという構図が安定した面白さを醸し出してしますね。


暴走した魔王の宝杖は、まわりの魔族たちの魔力を吸収しだして。
もう誰にも止められないという最悪の状況に。
しかし魔力を持たない人間・ノーマンだけが頼りになるのです。

ちょっとユルめの魔界ワールド大冒険がワクワクとさせてくれます。
電車のチケットを盗まれたり。
近道しようとした炭鉱内では巨大なモグラのモンスターと出くわしたり。
次々と起こるトラブルが、悲劇のヒロイン・パティに降りかかるのですが。
それを冷静に淡々と処理するノーマンがカッコイイのです。

気苦労は絶えませんが。
ある意味、最強のサーバントを引き当てたマスターとして幸運なのでしょうか。
これからも彼女らの冒険に付き合いたいと思います。

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

アーリオ オーリオ

この記事に対するコメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


前後の記事の案内

トラックバック

トラックバックURL
→http://ariori.blog64.fc2.com/tb.php/3974-3d01da68
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright © アーリオ オーリオ All Rights Reserved.
バンド募集のキング コールマン ランタン