約束のネバーランド 2

 2017-02-04
img819_20170204074250026.jpg
白井カイウ先生・出水ぽすか先生


今 お前の目の前にいる俺は 最強のカードだ


「約束のネバーランド」第二巻


孤児院で優しいシスターと楽しく暮らしていた子供たち。
だが孤児院を卒業した子が、バケモノの餌になってしまうことを知ってしまった
ヒロイン・エマと友人レイ、ノーマン。

なんとかして、この孤児院から逃げ出さねば。
脱走の計画を練る彼女たちでしたが。
シスターに計画を漏らす「内通者」がいるという疑念が生まれてしまうのでした。


ということで。
怖ろしいシスターの計画を知ってしまい。
子供ながらにして、死の運命から抗う主人公たちの物語。
孤児たちを管理するシスターがとにかく不気味で。
下手な怪奇ホラー作品より恐いです。

脱獄するにも、いくつもの課題があり。
身体に埋め込まれた発信機。
体力の無い、小さな子達は足手まといにならないか。
そして内通者は誰なのか、と。

鬼ごっこと称して脱出の訓練をしたり、罠を張ってみたりと。
子供とは思えない頭の回転の良さで。
一つ一つ課題をクリアしていくエマたち。

なんといいますか、末恐ろしい子供たちではありますね。
運命の女神が微笑むのが先か、バケモノに喰われるのが先か。
知的でスリリングな展開が待っております。

関連記事
スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://ariori.blog64.fc2.com/tb.php/3970-dc6a74b0
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫