アーリオ オーリオ

La foresta di comics

衛府の七忍 3

img780_20161221043155d71.jpg
山口貴由先生


地獄に堕ちる覚悟もなしに この波裸羅に同等口叩くまいぞ!


「衛府の七忍」第三巻


主人公の怨身忍者「カクゴ」をおびき寄せるため。
自ら牛裂きの刑にかけられた現人鬼「ハララ」
現れたカクゴは家康配下の忍者どもをバッタバッタと薙ぎ倒します。

ついに対峙するカクゴとハララ。
しかしカクゴの忍術攻撃はハララにまったく通用せず。
目をも潰された怨身忍者は窮地に立たされたのでした。


ということで。
「覚悟のススメ」など山口先生ワールドのスターキャラクターが。
江戸乱世に登場して悪い奴らをやっつけるドリーム作品。
胸のすくような大活劇ですね。

カクゴのピンチに駆けつけた真田の姫・伊織。
伊織には何のちからも無いはずなのでしたが。
彼女の放った一本の矢はハララを石に変えてしまいました。

桃太郎卿に救われたハララは彼配下の忍者たちと行動を共にしますが。
ここで彼の怒りをかった忍者たちと同士討ちを始めるのでした。


次々と現れる個性豊かな敵忍者たち。
見た目も異様なのですが。
あの「甲賀忍法帳」のようなワクワク感。
摩訶不思議な忍術で翻弄してくる姿は、もう楽しくてしょうがない!

本当に面白いというのがどういうものか、わかっていらっしゃいますね。
そのような攻撃をものともせず倒す主人公・カクゴがカッコイイのです。

そして本格的に参戦してきたハララ。
ご存知「覚悟のススメ」では覚悟の兄、そして宿敵として描かれてきた彼ですが。
本作では伊織の頼みを受け、カクゴと共闘することに!

こんな胸の熱い展開、あっていいのでしょう.か?
彼ほど敵にすると怖ろしく、味方にすると心強い存在は居ないでしょう。
ファンとしては願ったり叶ったりの状況に続巻が待ち遠しく感じます。

スポンサーサイト
  1. 2016/12/21(水) 05:30:27|
  2. 漫画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ばくおん!! 9 | ホーム | ダンベル何キロ持てる? 1>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ariori.blog64.fc2.com/tb.php/3935-85d2455b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

マウサー

Author:マウサー
私のお気に入りマンガを
紹介させていただきます

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

ツイッター

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード