アーリオ オーリオ

La foresta di comics

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

ツイッター

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

大正処女御伽話 3

img766_20161202224325a74.jpg
桐丘さな先生


兄様を一人にしたら許さないっ


「大正処女御伽話」第三巻


幼馴染に会うため東京へ一人出かけたヒロイン・夕月。

その日は大正12年九月一日。
巨大な地震が関東一帯を襲い。
東京は壊滅状態の地獄絵図。
珠彦は最愛の嫁である夕月が心配で。
意を決して東京まで歩くことにするのでした。


ということで。
大正ロマンな恋物語、関東大震災編です。

よりにもよって震災の日に離れ離れになってしまった珠彦と夕月。
運命とはいえ酷な展開になってしまいました。
軟弱な坊ちゃんであった珠彦が。
愛する夕月のために千葉から東京まで歩くという勇気を魅せてくれました。
大混乱と死体の山となっている東京。
果たして彼は愛する妻を見つけ出すことが出来るのでしょうか・・・

ネタバレしますが、なんとか無事に見つかります。
病院で目覚めた夕月との再会シーンを見て。
もう涙が止まりませんでした。

私をここまで感情移入させてくれる作品もなかなかありませんよ。
夕月を発見、彼女の回想に入り、目覚め告白する展開は神がかってましたね。
話はまたきな臭い方向へと流れそうですが。
2人が無事で何よりでした。

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

アーリオ オーリオ

この記事に対するコメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


前後の記事の案内

トラックバック

トラックバックURL
→http://ariori.blog64.fc2.com/tb.php/3923-46582cb8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright © アーリオ オーリオ All Rights Reserved.
バンド募集のキング コールマン ランタン