アーリオ オーリオ

La foresta di comics

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

ツイッター

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

ヒロインボイス 2

img763_20161128091554fd8.jpg
佃煮のりお先生


だってお芝居大好きだから!


「ヒロインボイス」第二巻


俳優と間違えて声優界に入ってしまったヒロイン・山田乙女。
弱小プロダクションにスカウトされ、新人声優になったのですが。
彼女とユニットを組まされることになったのは。
元・人気声優の綾瀬すず。
美少女だけど演技はイマイチ、スキャンダルもあって今は落ち目の声優なのでした。


ということで。
声優界の厳しい現実を描いた物語。
一握りの人気声優になるためには。
金も運も努力も実力もコネだって、使えるもの全て使わないとダメなのですね。
友人に一人声優が居るので、彼を見てきたのでよく解ります。


演劇で鍛えたヒロイン・乙女は新人ながらに迫真の演技で周りを驚かせるのですが。
そんな彼女を見た相方であるすずは。
自分の不甲斐なさ、「顔だけ声優」であることを自覚し。
ますます落ち込みオーディションも落選してしまいます。

声優なのに風邪をひき、ウジウジした態度をとるすずに対し。
乙女は、そんなの自分の憧れ続けていた女性ではないとケンカをしてしまうのでした。


落ちた相手の気持ちも考えず。
オーディションで受かった事を大喜びですずに報告してしまう乙女もなんですが。
先輩風吹かせていたすずにとっては自分を知る良いクスリとなり。
リセットし、新人の乙女と新たなる気持ちでユニットを組むことになりました。

ストーリーも登場人物も正統派って感じがして凄く良いですね。
いきなり入ってきた弩級新人にビビリながらも虚勢を張り、結果敗北。
すずの声優バブル人生がしっかりと描かれ。
可愛いだけじゃない。
相方である乙女の影響を受け、どれだけ成長するのか見ものでありますね。

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

アーリオ オーリオ

この記事に対するコメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


前後の記事の案内

トラックバック

トラックバックURL
→http://ariori.blog64.fc2.com/tb.php/3920-5e86f87e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright © アーリオ オーリオ All Rights Reserved.
バンド募集のキング コールマン ランタン