姫じゃなければ殴っている 1

 2016-11-17
img751.jpg
長岡太一先生


今日も妾のために 命を賭けろ!


「姫じゃなければ殴っている」第一巻


アカル王国の姫・ミキは「光の姫」であり。
15歳になったので各地の教会を回り、洗礼を受けることになりました。

旅に同行する剣士・ツバキとヒロインである魔法使いのナナミでしたが。
事あるごとに、彼女に土下座を強制させるミキ姫なのでした。


ということで。
歩きたくないからおんぶしろだとか。
ワガママいっぱい迷惑姫様の旅道中記であります。
ボイスは釘宮さんかな。

仮にも一国の姫なので彼女のワガママを仕方なく聞くナナミ。
すると、どんどん付け上がるミキ姫。
やってられるかと、キレそうになりますが。

実はミキ姫は超ビビリ屋なのでした。
土下座をさせるのが趣味なのに、自分が一番土下座が上手いという。
ちょっとした物音にもビビリ。
全裸土下座までするこのビビリっぷり。

わざと大きな音を出したり。
道中、迷子にして泣かせたりとイジメ甲斐のある姫様がなんか快感。
勝気な美少女が惨めな醜態をさらす姿。
無性にゾクゾク来るね。

関連記事
スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://ariori.blog64.fc2.com/tb.php/3909-cdd5b17a
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫