アーリオ オーリオ

La foresta di comics

ニセコイ 25

img712_201610042306236df.jpg
古味直志先生


”ニセモノ”だけど それでもいいの・・・?


「ニセコイ」第二十五巻(完)


失踪した千棘を追って「約束の地・天駒高原」へとやって来た主人公・楽たち。
そこで彼らは幼き頃の記憶を取り戻すのでした。

高原に皆が集い、ひと夏の想い出となった過去。
当時も、やはり女の子たちは楽のことが大好きで。
誰が一番好きなのか、楽に言わせるという無邪気な遊びをしていました。
幼き楽が選んだのは・・・小咲。

あの日からずっと「正解の鍵」を持ち続け。
楽のことを想い慕っていた小野寺小咲。
だが今の彼の中には自分ではない彼女がいる。
それをわかっていてなお、小咲は楽に愛の告白をするのです。


ということで。
ジャンプラブコメの代表作「ニセコイ」、堂々の完結巻です。
なんだかんだで25巻、長い付き合いになっていましたなあ。

予想通りといいますか。
この物語の結末は「ゴリラ・エンド」となりました。
この展開は満足かと聞かれれば、私は大変満足であったと思いますね。

だって。
小咲と万里花、どっちを選んだらいいか、私には大問題だからです。

涙が語る、秘めた想いを一途に貫く小咲のいじらしさ。
さばさばとしながらも、その言葉に嘘偽りのない万里花。
物語を支えてきたヒロインたちの集大成がこのエンディングに詰まっていると感じました。
失恋した彼女らは私が貰ってあげよう。

小野寺、橘と。
最後までファーストネームでは呼ばなかった楽の演出も良かったですし。
回想時のチビキャラたち(万里花)の可愛さ。
しっかりと描かれたエピローグ。
更なる展開を予感させる「おまけ」ストーリーまでもが収録された、まさにパーフェクト完結巻になりました。

関連記事
スポンサーサイト
  1. 2016/10/05(水) 00:23:03|
  2. 漫画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<マジカルパティシエ小咲ちゃん!! 4 | ホーム | 村上海賊の娘 4>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ariori.blog64.fc2.com/tb.php/3870-f21a3089
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

マウサー

Author:マウサー
私のお気に入りマンガを
紹介させていただきます

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

ツイッター

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード