やおろちの巫女さん 1

 2016-09-21
img696_20160921072057ae5.jpg
武月睦先生


気がゆるんだら 出ちゃった・・・


「やおろちの巫女さん」第一巻。


大昔、怪物の王を倒し、その心臓を代々守り続けてきた巫女。
怪物の手下は王の心臓を取り戻す為、幾度となく巫女に戦いを挑んできたのですが。
時は現代となり。
ヒロイン・ユキの代になっても、その戦いは続いていたのでした。


ということで。
心臓を守る巫女と怪物たちの戦いの日々を描いた物語。
とはいっても。
巫女の力が強すぎて相手にならないのですけど。

ユキに毎日戦いを挑んで来ては負けて帰る怪物たち。
普段は町の人々と馴染んで生活をしていたりします。
そんな日々も、もう馴れ合いとなり。
いつしか巫女と怪物たちに友情らしき感情が芽生えるのでしたが・・・

バトルものと見せかけて、ほんわか日常ストーリー。
怖さを通り越して、半分「良い奴」になっている怪物たち。
でも習慣で巫女に戦いを挑まないと気が済まないのです。

しかし巫女の強い魔力で身体がボロボロ状態のユキ。
そんな彼女と戦いながらも気を使う優しい怪物たちとの交流がなんとも暖かい。
敵が敵じゃない、ホッとさせる作品なのでした。

関連記事
スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://ariori.blog64.fc2.com/tb.php/3855-7760f091
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫