ガタガール 1

 2016-09-09
img689_20160909155233f1f.jpg
小原ヨシツグ先生


同志と思っとったのに てげやべぇ~


「ガタガール」第一巻。


主人公・潮崎干太はゲームの好きなインドア少年だったのですが。
海洋生物学を専攻する大学生の姉に誘われて。
無理矢理参加させられた干潟観察会。

干太は嫌々参加したのではありますが。
干潟で出逢った麦藁帽子の可愛い少女は。
クラスメイトで干太の憧れのマドンナ・七瀬汐だったのでした。


ということで。
好きなあの子は干潟マニア!な作品です。
ガタガール・・・ヤマガールに続くブームになるのか?

ヒガタといえば潮干狩りか。
釣りキチ三平のムツゴロウ釣りのイメージなのですが。
エビやらカニやらいろいろな生物がいて。
それらを観察、採取するのが大好きという、ちょっと変わったヒロイン。
ウオノエが可愛いとか・・・かなりヤバイ!

汐は学園では清楚な美少女でしたが。
こと干潟の生物のこととなると、とたんに饒舌となり。
初心者の干太に干潟のことを自慢しながらレクチャーするのです。
豆知識も充実しており勉強になりますね。

学園でのセーラー服姿も良いですが。
干潟での作業スタイルが田舎っ子っぽくて凄く愛らしいです。
油断すると方言でますし。
ドヤ顔で海洋生物の説明を始める姿は可愛く頼もしく。
こりゃあ主人公じゃなくても惚れちゃうね。

関連記事
スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://ariori.blog64.fc2.com/tb.php/3848-c80ab087
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫