冴えない彼女の育て方 6

 2016-07-20
img636_2016072005145374a.jpg
丸戸史明先生・武者サブ先生


・・・起きないと 襲っちゃうわよ


「冴えない彼女の育て方 恋するメトロノーム」第六巻。


新人授賞式で乾杯の音頭をとるなど。
名実共に大作家となってきた霞詩子先生こと霞ヶ丘詩羽。
現在連載中の作品「純情ヘクトパスカル」もアニメ化が決定し。
担当編集として主人公の安芸倫也と共にアニメ打ち合わせにも参加します。
しかしアニメ製作側からは、原作者にキツイ要望をされるのでした。


ということで。
詩羽先輩をメインヒロインとしたサエカノ第六巻。
アニメ化にあたり。
アニメ製作側は原作者に、放映に合わせて新刊を出せとか。
最終的な物語の結末を教えろなどという注文をしてきます。

当然、機嫌の悪くなる詩羽。
だが、ちゃんと原作を読み込み。
アニメ放映後の原作とのズレを気に掛けている製作側の意思を読み取り。
どうすれば一番良いのか詩羽は結論を出します。

なるほど。
アニメのおかげで世界的有名作になる作品もあれば。
どう見ても闇歴史としか思えないような作品まで。
メディアの両立というのは難しいというのを考えさせられるのですが。

原作側のしっかりとした意思を伝え、丸投げなどしない。
原作もアニメも両方成功させる秘訣はここにあるのですね。
さすがは詩羽先生といったところでしょうか。
キャラ原案の相楽真由にも、その力量が試される時が来るのです。

巻末の番外編では詩羽のナイスバディ水着姿も。
いつもクールな彼女が大胆になる一瞬。
色っぽいねえ。

関連記事
スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://ariori.blog64.fc2.com/tb.php/3797-185e4dc9
【2016/07/21 19:06】
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫