アーリオ オーリオ

La foresta di comics

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

ツイッター

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

人形峠 1

img594.jpg
方條ゆとり先生・望月菓子先生


この村 なんかおかしい・・・!


「人形峠」第一巻。


学校行事で、とある村へホームステイすることになった高校生たち。
彼らの乗せたバスは人形峠のトンネルを抜け、幸神村へとやって来ました。
各農家に別れ、二泊三日の楽しい農業体験になるはずだったのですが・・・


ということで。
タイトルからして危険な香りのするホラー漫画であります。
だから日本人形は怖いって!

自由にしていいが「蔵」にだけは絶対行ってはいけない。
そう村人に念を押される生徒たち。
しかし行くなと言われると行ってしまうもの。

主人公・蒼井賢登は蔵へ行き大きな古い箱を見つけます。
中には何故か可愛い女の子が閉じ込められていました。

みんなに事情を話し、少女を救おうとする賢登でしたが。
他のクラスメイトには。
不気味な人形を蔵から出そうとする賢登の異様な光景にしか見えないのでした。


隔離された村、気味の悪い村民、そして日本人形がいっぱい、と。
和風ホラーの不気味代名詞が揃っちゃっている作品です。

地震で村への唯一の道が崩壊。
また一人、クラスメイトが無残に殺され。
生徒たちは不安に駆られながら、この村の恐怖にジワリと犯されていきます。

気持ち悪い人形がこっちを見ていたり、と。
ホラー漫画のツボが押さえられ、なかなか怖い。
のですが。
クワやナタを大量に持った殺人鬼登場など、ギャグなのか?と思わせる描写も。
日本人形だらけの部屋に寝てくれとか言われても、普通寝れねえですよ!

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

アーリオ オーリオ

この記事に対するコメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


前後の記事の案内

トラックバック

トラックバックURL
→http://ariori.blog64.fc2.com/tb.php/3757-1851ced6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright © アーリオ オーリオ All Rights Reserved.
バンド募集のキング コールマン ランタン