かなたかける 1

 2016-03-31
img536_20160331083004c97.jpg
高橋しん先生


また一緒に走ってやるよ


「かなたかける」第一巻。


東京から箱根に引っ越してきた転校生・かなた。
小学校では孤立しがちでいじめられ。
足がかなり遅かったのでしたが、走ることは大好きで。
毎朝バスに乗らずに走って登校する彼女なのでした。


ということで。
箱根の町で行われる小学生駅伝にて。
走ることが三度の飯より大好きな少女が魅せるスポコン物語です。

人の背中を見て、それを追い越すのが快感だと。
フェチズムというか野生動物に近いヒロイン・かなた。
しかし美少女でしたが言葉が少ないので友達が出来ず。
駅伝を走るのにはチームワークが必要なのでまずは友達作りからのスタートとなりそうです。

私も学生時代、長距離専門だったので。
ヒロインの気持ち、結構わかりますね。
駅伝、特にあの沿道の歓声と。
目前に白バイが先導する先頭集団時の快感はもう。
まあ周回遅れなんですけどね。

先生独特の薄めの絵で描かれる熱い走り。
小学生独特の幼い感性がリアルに描かれております。
キャラクターも男女共に良く、久々に普通に読める漫画に出遭えた気がします。

関連記事
スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://ariori.blog64.fc2.com/tb.php/3698-bcbb2298
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫