キリングバイツ 5

 2016-03-06
img512_20160306073505798.jpg
隅田かずあさ先生


ふにゃあ うにゃああん 子作りしたいぃ~


「キリングバイツ」第五巻。


ヒロイン・ラーテルの前に立ちふさがる最強の敵・虎。
ライオンに敗北を認めさせたラーテルには負けるわけにはいかない虎なのです。
彼の重い一撃はラーテルに瀕死の重傷を負わせるも。
そこに割って三門財閥の切り札なる謎の獣人が参戦してきたのでした。


ということで。
各財閥の利害をかけた獣人バトルロイヤル第五巻。
鱗のような尻尾を持つ謎の獣人。
ワニもゴリラ、カバですら相手に出来なかった最強の敵の登場です。

彼はセンザンコウの獣人。
全身は硬い鱗で覆われ、丸くなれば、ほぼ鉄壁の防御スタイル。
しかもその鱗は鋭利で攻撃手段としても使用出来。
まさに攻守兼ね備えた最強の獣人なのです。


地上最強の動物は果たして誰だ、と。
またしてもセンザンコウなる妙な動物の獣人が現れましたよ。

爪も牙も通らないセンザンコウに虎は苦戦必至。
パウンドフォーパウンドとはいえ、弾丸すら跳ね返す鎧なんて反則ですよねえ。
それに比べ、正統派チート?のラーテルちゃんはというと。
完全獣人化というか、スーパーサイヤ人みたいになっちゃって。
もう彼女は誰にも止められない最強の地上生物になるのか。

関連記事
スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://ariori.blog64.fc2.com/tb.php/3673-c1cf7321
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫