狼と香辛料 13

 2016-02-28
img510_201602272328345f8.jpg
小梅けいと先生


お前には嫌われたくないが 自分の好奇心も殺せない


「狼と香辛料」第十三巻。


原作・支倉凍砂先生。
商人である主人公・ロレンスと賢狼ホロとの旅も大詰め。
ホロの故郷に近い街・レスコにやって来た2人は。
彼女がはるか昔、狼であった頃の友人・ミューリという名の傭兵団に接触します。

団長の持ち物から昔の匂いを嗅ぎわけるホロ。
それはミューリの持っていた巨大な爪なのでした。

ということで。
故郷・ヨイツの情報が入ってきまして。
知人の狼たちはもう居ないが故郷はまだ存在していと知り、涙するホロ。
神の化身とはいえ。
感情にストレートな姿を見てしまうと、ただの女の子にしか見えません。
先生の作画も相まって、こういうところが彼女の魅力なんですよね。
寝起きにロレンスの姿を見て安心するところとか、かわいすぎる。

そしてロレンスはというと。
自由で活気に溢れ、税金すら徴収されないこの街に魅力を感じ始め。
彼の一生の夢である店を持つことに意欲的になります。

今度は一人ではなく。
最愛の相棒・ホロも一緒ですから。
なにやら秘密のあるこの街で一儲けして幸せマイホームパパになることでしょう。
子供の名前はチョロ松とかかな?

関連記事
スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://ariori.blog64.fc2.com/tb.php/3671-c7be25af
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫