流れ星に願うほど僕らは素直じゃない 1

 2016-02-13
img494_20160213072803620.jpg
佐藤ミト先生


俺らはどんな時もいっしょだろ!


「流れ星に願うほど僕らは素直じゃない」第一巻。


幼い頃、ずっとみんな仲良しだった少年少女たち。
しかし、仲間のひとり・すばるが事故に合い昏睡状態になってから。
だんだんと疎遠になってしまった仲間たち。

月日は流れ、彼らは高校生となりました。
自分のせいで彼女を事故に合わせてしまったと苦悩する主人公・北斗。
彼の目の前に現れたのは病院で寝ているはずのすばる。
なぜか幽体離脱の様になってしまった彼女と仲間たちの物語が再開します。


ということで。
幽霊みたいになってしまった幼馴染の少女と仲間たちの青春群像劇です。

当時の記憶のまま甦ったヒロイン・すばる。
身体は女子高生に成りながらも無邪気な彼女は主人公・北斗が大好きなままで。
同じ仲間の少女・茜も北斗のことが好きなんですけど言い出せず。
すばるの霊体化にドタバタしながらもヤキモキしちゃう青春ラブコメなのです。

Keyの「Kanon」など結構昔からよくあるシチュエーションではありますが。
やはり近年大ヒットした「あの花」に似ているなあという印象はありますね。
時折挿まれる少年時代の描写がノスタルジーを感じさせ、心地良い。
すばるはこん睡状態でまだ復活の可能性があるだけに未来に希望が持てます。

関連記事
スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://ariori.blog64.fc2.com/tb.php/3648-ea9cc524
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫